Divergeは、インターネットを利用することでいつでもどこでも議論することができるツールです。

たとえば、メールのように自分の空いている時間を利用して議論を進める、

リアルタイムに議論する、会社や会議などで情報共有のツールとして使えます。

ダウンロードしなくてもDivergeの一部の機能を体験することができます。
ダウンロードをするとDivergeのすべての機能を使うことができるようになります。
Web上でいつでも
簡単に議論できます。
大学の研究として
研究・開発しています。
コミュニティも
充実しています。
2010.11.22 アドビシステムズ 教育関連サイトに、事例紹介としてDivergeが掲載されました。掲載サイトはこちら